先程、私の管理する神社・仏閣を紹介する
facebookページに、


☆いいねを頂けると嬉しいです☆


 

広島県の、地御前神社をご紹介しようとパソコンから
文章を打ち込んでいた時の事です。

そこになぜか、

-Yukie Karuraさんと一緒です。-

とタグ付けされ、

目を疑いました!!

私がタグ付け操作は行っておりません。

 

 

驚きの理由。

 

それは、

 

 

バリ島在住であった舞踏家の、Yukie Karuraさん。

実は今年初頭に、急逝されているのです。

 

地御前神社は、593年、厳島神社と同時期の創建と
伝えられています。

宮島には昔は神職も住まなかったため、風波などで島に
渡れない時は此所で祭典をしたそうで、宮島の厳島神社
を内宮と呼び、こちらは外宮と称されました。

私たちが参拝させて頂いたのが、6月17日。

 

おそらく、このブログを書く事になる事が分かっていた
のか、この画像はなんとなく気になり撮影したものです。

翌18日は、厳島神社の舞楽奉納のための御陵衣祭が、
島外のここ地御前神社でが行われるのです!

私は、どこかへ参拝する際には、

【ご縁のある方は、ご一緒に参りましょう!】

と見えない存在にお声掛けして出かけます。

いつか夢に現れるとそう観じていた、

Yukie Karuraさんは、こうしてご一緒下さっていたのですね。

 

そして、

この舞台で舞われていたのでしょうね!!

 

Yukie Karuraさんからのメッセージはこれだけでは
終わりません。

 

今、私にご縁のある方で大きな病と闘っている方が
何人かいらっしゃいます。

 

そのうちのある方に、

【ひふみ祝詞を唱えると良いよ~】

とおススメしたのが少し前の事。

 

 

忘れていたのです。

 

昨年Yukie Karuraさんの、ひふみ祝詞に合わせた
奉納演舞を撮影させて頂いていた事を!

【ひふみ祝詞を唱えられなければ、こちらを見聞きすれば良い】

そんなメッセージを届けて下さったのでしょう!!

 

 

そして更に繋がります。

Yukie Karuraさんにご縁を頂いたのは、昨年の

 

【天河大辨財天社】

でした。

今週末、その天河に参るのです。

 

更に!今朝届けられたもの。

 

 

それは、

 

30年ほど前に、柿坂宮司監修のもと発行された本。

 

全ては繋がりを持っています。

繋がっている事を知るのではなく、繋げて頂けている事を
知らなければなりません。

Yukie Karuraさんが、証明してくださいました。

それは、夢の中での登場ではない形として!!

 

☆彡これから先は、ある方々に向けて記します。

私たちに起こり得る事は全て意味があります。
その意味とは全て、自己の成長に繋がるための
もの。

その為に、これまで私が把握してたと思っていた
以上の、遥かに大きな力が様々なご縁を繋ぐ、
という形で働いて頂いています。

お会いしたこともないであろう、Yukie Karura
さんもひふみ祝詞のメッセージを送って下さった
のです。

だからこそ、

【大丈夫!】

どこまでも、どこまでも、自分の中にある世界を
大きく、大きく!

そうあり続けて頂けることを、

【祈っています!】

そして、皆さんがそうし続ける事のできる人で
ある事を、

【信じています!】