今月の砥鹿神社でのお朔日参りは、コロナウイルスの
感染防止のため中止でした。

*砥鹿神社お朔日参りについては、
こちらを!
*月に一度の早朝の神社参拝です。
是非皆様もご参列なされませんか?

7時前に砥鹿神社、豊川稲荷などいつもの通り、
参拝させていただいたのですが、いずれも早朝
の人気の少ない境内には巷の喧騒を感じること
なく清々しい気が漂っていました。

しかし帰り道沿いにあるドラッグストアでは、
開店1時間前にもかかわらず、長蛇の列が
できているお店が何か所もありました。

このような今の流れの中に何を気付き、そして
何を学ばなければならないのでしょうか?

私は、

どれだけ自分で判断し、

どんな決定ができ、

どのような行動に移していくのか、

という事を問われている気がしています。

いわゆる、

【自立の力】

【本当の強さ(優しさ)】

が試されているのではないかと。

私の中で、スピリチュアルも神仏もそれらは、

【ただ助けてくれるものではなく、
自立支援のために存在している】

と捉えてきました。

漠然としたスピリチュアルの世界や神や仏にすがる
信仰だけに幾ら力を注いだとしても救われる事は
ありません。

【あなたはあなたのままでいい。
まず自分を愛そう!】

漠然としたスピリチュアルの世界では、そんな事が
言われ続けてきました。

自分を愛するためには自分自身が強くなければ
なりません。

それまでのあなたのままではいけないケースもあるのです。

大切なことは、自分で自分を守ることのできる強さ。

その強さがあってこそ他に優しくもなれるし、はじめて
愛を配れるのです。

スピリチュアルや神仏の関するブームのようなものが
湧き上がってきた中で、これまでに自分を強くするため
にどれだけ鍛えてきたかを今後益々問われていくでしょう。

目に見えない存在は大きく見守ってくれています。

それは間違いありません。

最終的なそのお力添えを頂くためには、それまでの
自分の在り方が最も大切です。

本来信頼したい政治も、今のままでは頼ることはできない
でしょう。

子供を守る。

収入減の補填をする。

いずれも重要なことですが、いくら批判や文句を積み重ねても
これらには限界があるわけで、現実的にいずれ相当に重い税金
として私たちに課せられていくのでしょう。

いずれ泣き言を言わないように今批判の力を増す自分ではなく
また心配や不安といった心を助長するような自分でもなく、
このような時にこそ、与えられずとも楽しい心を自分で
宿せるか。

外出が禁止されるのであれば、それは家族の絆を強める
チャンスであるのかもしれません。

マスクがないからさあ作ってみよう!

そうすればそこに新しい

【ありがとう!】

が生まれるかもしれません。

そんなチャンス達は少し目線を変えれば転がっているはずです。

私はこれまで忙しすぎた日本人が、正常化のためゆっくりと
全てを見つめるための良い機会だと感じています。

心の中で疫病の収束を願い祈る心はこれからもしっかりと
持ち続けていきたいと思います。

私たちはそれぞれがもっと、もっと

【強くなっていきましょう!】

こんな時でさえ神仏へ、

【お礼参りができるほどに!】

 

 

・・・・☆・・・・☆・・・・☆・・・・☆・・・・☆・・・・☆・・・・☆・・・・☆

☆いいねを頂けると嬉しいです☆



☆皆様の一年が光り輝くものでありますように!☆

本日もお読み頂き、ありがとうございます!

今日も、明日も、心に笑顔が灯ります様に!

今日も、明日も全ての存在に素晴らしき光と温もりが届きます様に!

明日は今日よりももっと大切なものが見つけられます様に!