明日3月3日は

【桃の節供】

です。

古事記にも描かれる桃は、日本において
古来より、悪魔や病魔を退治する果物と
信じられていました。

千年に一度だけ実をつける桃の木があり、
その実を食べると仙人となり、不老長寿が
授かるのだとも信じられていたそうです。

本来は
【上巳(じょうし)の節供】

といいます。

この日はひな人形を飾り、女の子の健やかな
成長を願う
【ひな祭り】
として親しまれていますが、本来、老若男女を
問わず、健康、長寿といった幸せを願うもの
なのです。

ひな祭りの起源は、古代中国での祭祀である、

【上巳節】

とされています。

【上巳(じょうし/じょうみ)】

とは、旧暦3月の最初の巳の日こと。

現在では行事の日付が変動しないよう、
3月3日と固定されましたが、もともとは
女の子のお祭りだけではなく、春の訪れを
祝い、無病息災を願う厄祓い行事だった
のです。

この時期は季節の変わり目で、災いをもたらす
邪気が入りやすいと考えられていたため、
古代の中国では、この日に水辺で穢れを祓う
習慣があったそうです。

この上巳節が日本に伝わると、宮中行事として
取り入れられ、禊(みそぎ)の神事と結びつき、
紙や草で作った人形(ひとがた)で自分の体を
なでて穢れを移し、川や海へ流したりするように
なりました。

今でも一部地域でみられる

【流し雛】

はこの名残です。

明日は、

【巳】

に縁する、弁財天、龍神様という水の神様をまつる
竹島で清掃活動をさせて頂きます。

現実的には天候が少し心配で、多少の雨が降るかも
しれません。

しかしそれも、そもそも水を司る、

【巳】

にかかわる祭祀日であるのならば、ありがたいと
思える事ですね。

神道の精神の一つは、

【禊祓(みそぎはらえ)】

神様はいつでも、リセットする機会そしてやり直せる
そんなチャンスを与えてくれています。

正月、そして大祓がそうであるように、明日もそんな
リセットチャンス日なのです。

そんな事を知って頂き、明日という大切な一日を
お過ごし下さいませ。

・・・・☆・・・・☆・・・・☆・・・・☆・・・・☆・・・・☆・・・・☆・・・・☆