つい先日、新年のご挨拶を交わしたかと
思ったら、時の流れは早いもので、明日
からはもう2月。

月初めの2月1日~3日まで、実は、

【開運大チャンスの3日間】

なのです。

まず明日は、今年初の

【己巳の日(つちのとみのひ)】

己巳の日(つちのとみのひ)とは、60日に1度
巡ってくる、弁財天様(弁才天・弁財天)の縁日
であり、金運にも良いという巳の日なかでも
更に縁起の良い日です。

その年の最初の己巳の日は、

【初己巳の日(はつつちのとみのひ)】

とされ、更に更に縁起の良い日とされています。

しかも明日は、月初めのお朔日に重なるという、
素晴らしい巡り合わせの日。

まずは是非、弁財天様(弁才天・弁財天)をまつる 神社・仏閣へのご参拝をおススメ致します!!

☆彡但し1日ですから、お近くの氏神様へのご挨拶もお忘れなく!!☆彡

【弁財天様をまつる、蒲郡竹島、八百富神社】

そして2日は、

【初午(はつうま)】

初午とは、711年に稲荷社の本社である京都の
伏見稲荷大社に稲荷大神が鎮座された日
(実際には旧暦ですが)とされています。

2月の最初の午の日は、一年のうちで最も運気の
高まる日とされています。

午(うま)は方位の南を示し、時間は正午を表わします。

この時間は太陽が最も高く上がり、一日のうちで陽の力
が最も強まる時といわれています。

この日は伏見稲荷大社をはじめ、豊川稲荷などの、
全国の多くの稲荷神社では、初午大祭が行われます。

ご商売をなされている方(特に飲食店)や、農業に
携わっておられる方は、常の感謝を捧げるために
是非稲荷社へのご参拝をおススメ致します!

【豊川稲荷】

さらに3日は、

【節分】

今では12月31日が大晦日、1月1日が元旦で新年の
始まりとなりますが、昔は

【立春】

が新年の始まりでした。

それ故に、立春の前日である【節分】が大晦日
だったのです。

ですから、2019年がスタートし、

【まだ何となく良きスタートが切れていない】

と感じている方は、1年を締めくくるのに重要な日
である、節分の3日に是非、各地の寺社へお参り
なされて下さいませ。

【砥鹿神社での豆まきの時間は、  1回目 10:30 2回目 12:00  3回目 13:30    4回目 15:30】

「鬼は外! 福は内!」

しっかりと豆まきを楽しみ、立春を迎えましょう!!

・・・・☆・・・・☆・・・・☆・・・・☆・・・・☆・・・・☆・・・・☆・・・・☆