明後日1月20日(日)は、1年の内で最も寒い
とされ、二十四節季の一つである

【大寒】

にあたります。

大寒の水は、腐らないといわれます。

昔は今のように、水道水ではなく井戸水
を汲みあげており、その水温が低いため、
雑菌も少ないという事から、そう言われて
いるようで、お酒や味噌の仕込にも良い日
と言われています。

そして、この大寒の水を一年間保存
しておくことで、火災を避けるという
言い伝えもあるのです。

その方法は、朝なるべく早い時間に
水道の蛇口から、ペットボトルに
お水を入れるだけです。

そして、100円ショップなどで売られている
ご祝儀袋の水引きをペットボトルにかけて、
台所に置いておきます。

画像では、伝わり難いかもしれませんが、
陽が当たる台所に置いてあったにも関わらず、
確かに濁りや変色もなく綺麗な状態です。

昨年ある方から、

【同じ様にやったのだけれど、水が濁って 汚れてしまった・・・】

というご報告を頂きました。

少しだけ違った点は、

【水引を掛けていなかった】

のだそうです。

【果たして、水引にはそんな恐るべき効果 があるのか?】

この謎に答えを見出すために(笑)昨年、
水引を掛けていないものも準備し、同じ
場所に置いておきました。

さて、その答えは、

全く綺麗なものでした(笑)

どうやら、水引に恐るべき力は宿されては
いないようです。

ただ、何も知らない家族の方が台所にラベル
の貼られていないペットボトルを見つけた場合、
何気に捨てられてしまうかもしれませんね。

恐らく、水引が掛かっていればその心配も
要らないかと思います。

水引には、

【未開封であるという封印の意味

魔除けの意味、

人と人を結び付けるという意味】

がありますので、やはりお掛けになられる事を
おススメ致します。

1年たったお水は、お家の周りに撒いて頂くと
良いかと思います。

そして、昨今人気の

【大寒特別開運アイテム!】

それは、

【大寒卵】

です!

大寒の日の20日の朝、産み落とされた
卵を食べると、

【金運があがる!】

と言われています。

ただ、金運だけではなく、栄養価も非常に
高いため、健康にもよく、1年病気をせず
過ごすことができるとも言われています。

17日(木)より土用の期間に入っています。
(2月3日(日)まで)

インフルエンザの罹患をはじめ、肉体的、
精神的に体調が優れないという方も少なく
でしょうね。

栄養価の高いとされる大寒卵で、身体に
栄養を与えてあげましょう!

卵は焼いたりせず、卵かけご飯の様に、
そのまま頂くのが一番良いようです!

大寒卵は、予約制のところが多く、手に
入りにくい状況のようですが、養鶏場の
直売所や、その近くにある自動販売機
などで手に入るかもしれませんね。

スーパーなどの卵売り場では、日付を
しっかりチェックしてみてくださいませ。

そしてその大寒卵が手に入ったならば、
惜しみなく周りの方に、その開運の種を
お分けすることも大事ですよ~~~

さあ明後日は、少し早起きして、お水と卵で健康運、開運力UPです!

・・・・☆・・・・☆・・・・☆・・・・☆・・・・☆・・・・☆・・・・☆・・・・☆