今朝は、

【第2回:穂の国寺社クリーンプロジェクトin竹島】

清掃ボランティアをさせて頂きました。

7:00前の時点ではそれなりの雨量があった為、
ご参加予定の方々に一旦は中止のご連絡を
した所、

【それなら、参拝だけでも行きます~~】

との篤い想いを伺い、

【では、参拝後にモーニングでも!】

とご案内し竹島に向かいました。

しかし、現地に到着すると雨はパラつく程度
でしたので、予定通り清掃活動を実施させて
頂きました。

本日は総勢5名で前回同様、手水舎周辺及び、
101段の石段清掃でした。

【Before】

海に浮かび、風も強い島ですから、どうしても
砂や落ち葉が溜まります。

約1時間ほどで101段の石段は、すっかり綺麗に
なりました。

その石段の両サイドには、おそらく昭和初頭以前
にご奉納された方々の名を記した石柱が、
立てられております。

砂などの汚れに埋もれ、その名の判別できない
ものが沢山あります。

これを、

この様に、失礼なきよう新しいホウキで砂を掃って
いくとそこに、

石黒久助さんでしょうか、そのお名前が浮かび
上がってきます。

【私の親戚に石黒姓がおりますので、その縁ある方 なのだろうか】

【ご奉納され石柱に名を刻まれておられる方々は、 きっと崇敬の念の篤い方々だったでしょうから、 喜んで頂けてるだろうか】

そんな事を思いながらの清掃は中々楽しく、清々しい
ものです。

先人が大切になされていたものを、私たちが今一度
大切にと想う事、それも一つの先祖供養のあり方で
あると思います。

1時間強の清掃中、どれくらいだろう、相当数の方々が
参拝に来られておりました。

そのすべての方と、こちらから、あるいは向こうから、

【おはようございます!】

【ご苦労様です!】

との挨拶が交わされます。

きっとご参拝の皆様も、

【ここは綺麗で、気持ち良い所だ】

と思って頂けたのではないかと思います。

崇敬の念篤かったであろうご先祖様、そして今実際に
参拝される方々に喜んで頂けて、尚且つ清々しさを
私たち自身も感じられるこの清掃滑動は、大変
喜ばしい事だと観じます。

神社でお掃除をするからといって特段良い事がある
訳ではありません。

私も恐らく皆様も、特別な何かを求めている訳
ではなく、

【ただ、神社仏閣が、神様が好きだからさせて 頂いている】

のだと思います。

今朝は都合つかず、お越しになられなかった方
から、昨日LINEが届きました。

そこには、

【お掃除に参加して、もやっとした気持ちをすっきり させたい気分です!】

そう書かれておりました。

中々そうは思えないものですね。

【美味しいものでも食べて、パッーとどこかに遊びに 行って、もやっとした気持ちをすっきりさせたい気分 です!】

などと思う方が多いのではないでしょうか!

確かに繰り返すようですが、実際に清々しさは頂け
ますから、

【お掃除に参加すると、もやっとした気持ちがすっきり する】

ものです。

気持ちをすっきりさせるために、

スポーツするのも良し、

何処かに出掛けられるのも良し、

いずれにせよ、

あぁ~良かった~

楽しかった~

そんな感覚が自身の中に残れば別に神社での
清掃活動でなくてもOKです。

自分自身に喜びを与えてあげれば、それで良い
のです。

喜びは与えられるものではありません。

ただ、喜びに繋がるそのきっかけは与えられる事も
あるかもしれません。

喜びは、自分で自身に与えるものなのです。

その感覚は、清掃滑動によっても感じられるはずであり、
それを継続する事により、自身の中に何か変化が生じて
いくはずです。

自分自身に喜びを与え、一つ一つ積み重ねていく事。

その先にあるものは、

【幸せと思える自分になれる】
という事なのです。

この竹島での清掃活動は、基本、

【毎月第一日曜日の朝8:00~】

の予定です。

次回は

【4月7日(日)】

の予定です。

自分に喜びを与えるために、是非ご参加下さいませ。

【おまけ】

③(映画見た事ないけど、ヒッチコック(笑)

・・・・☆・・・・☆・・・・☆・・・・☆・・・・☆・・・・☆・・・・☆・・・・☆