今朝は、急なご案内であったにもかかわらず、
5名の方にご参加頂き、

<strong>

【穂の国:寺社クリーンプロジェクトin竹島】

八百富神社での清掃をさせて頂きました。

八百富神社へは、400mの桟橋を渡り、更に
101段の石段を登ります。

前回同様、今朝もその101段の石段の清掃
をさせて頂きました。

海に浮かぶ島の上に鎮座する神社ですから、
その石段には落ち葉の他に砂がたまります。

その砂と落ち葉を、石段の上から下へと掃いて
いくのですが、その最中にあるキーワードを
感じ取りました。

それは、
【神磨き】

石段は神社の境内、いわゆるご神域にある訳
ですから、それも神様の一部分であると言っても
良いでしょう。

その神様の一部分を綺麗にする(清掃する)という
行為は、その部分の汚れを取っているわけであり、
いわば、神様を磨いている(神磨き)のだという解釈も
成り立つ訳です。

神道的解釈でいえば、通常私たちは神様に祓い清め
頂いているのすが、清掃活動は、私たちが神様を祓い
清めさせて頂いているのです。

このように神様と私たちの関係性は、一方的なもの
ではなく、

【与えて、与えられ】

というしっかりとした相互関係が成り立っている事が
大切です。

お礼参りの重要性もそこにあります。

【神磨き】と感じてふと自分自身を見つめた時、まだ寒い
この時期に、若干汗ばんでいる自分に気付きました。

汗ばむという事は、それなりに体を動かしていたと
いう事です。

よくよく考えると、400mの橋を渡り、清掃活動時も
含めれば101段の石段を3回は登り降りしている
訳で、それなりの運動をしています。

しかも、6時過ぎに起床し8時から活動をしています。

早起きし、そして自らの肉体を動かす。

それは結局自分自身の健康にも繋がる事をしている
のであり、自分のためという、いわば、

【自分磨き】

を行っているのです。

ですから、

【神磨きは自分磨き】

であるのです。

【神様のためにさせて頂く】

という思いを持っても活動は、実はしっかりと
自分のためになっているのですね。

それこそが、神様から授かる、
【ご利益】

というものであるのです。

今や神社仏閣においても、そこに参らずともインターネット
経由で、ご祈祷もお願いできればお守り類も授かる事が
できる時代です。

自ら動けるにもかかわらず、健康を祈願したい方が、
なんの行動をせず、全国のあらゆる神社仏閣から
ネット経由で、健康お守りを授かったとしてもその
ご利益をお受けする事はできないでしょう。

【わざわざ・・・】

この、わざわざ行動する事が自分の身体に良い効果を
もたらせます。

私たちの様にその行動先が神社仏閣における清掃活動
であるならば、そこの神様やそこを守っておられる存在にも
きっと喜んで頂けているはずです。

そして清掃後、そこを参拝される方にも、

【ここは綺麗で気持ちいいね~】

と感じて頂けるはずであり、そう感じた方々は、

【また来たいね~~】

とも思われるはずです。

そのように、次第にそこへ人が集っていけばその地の
エネルギーが上がっていきます。

いわゆる地の活性化にも繋がる訳です。

その為には、地道な活動の継続が大切です。

ただ、ある一日のみに何百、何千という人が集い
清掃活動を行えば良いかというと、決してそうでは
ありません。

【神磨きは自分磨き】

結局は自分のためであるならば、私も含め人間に
とって最も苦手であろう、継続するという行為が
重要なのです。

【変わらず、いつもそうである】

そんな自分を構築する事が大切です。

【今はその時じゃなかったのよね~~】

とか、

【まだ呼ばれていなかったみたい・・・】

といった、変な、勝手なスピリチュアル的解釈を
用いる事のないように。

結果、楽をする事がスピリチュアルの目的では
ありません。

苦労の伴う行動の先に、楽に生きる事のできる
世界があるのです。

そして、

【もっと自分を磨きたい】

【自分を変えたい】

【変わりたい・・・】

そう思っている方は、特に大金を払ってどこぞの
セミナー等を受講し、ただ座ってその話を聞いて
いれば、人生が変わるほどの発見があるかと
言えば、そんな事はほとんどありません。

直ぐ変化が現れる事はありません。

ですが、

まずは、身の回り、車や着る物、髪もそうですね、
とにかく清掃、綺麗に整えましょう。

そしてそれが、一度で終わることなく継続しましょう。

一人では中々それが続かなくて・・・・

そんな方は、是非私たちの清掃活動にご一緒下さい。

継続していく中で、何か変化が訪れるはずです。

【本日ご一緒頂いた皆様、誠にありがとうございました!
又次回もどうぞ宜しくお願い申し上げます!】

・・・・☆・・・・☆・・・・☆・・・・☆・・・・☆・・・・☆・・・・☆・・・・☆